贈り物に喜ばれる胡蝶蘭のシーン別相場

飲食店の開店祝いや、昇進祝いなど、お花の贈り物として定番になっているのが胡蝶蘭です。
胡蝶蘭の花言葉は『幸福が飛んでくる』と言われており、贈った人のこれからの発展を願うと言う意味が込められています。白が定番だった胡蝶蘭も最近では新種改良も進み、色や大さのバリエーションも増えてきました。
しかし、いざ胡蝶蘭を贈ろうと思っても相場は一体どれくらいが適当なのか迷ってしまうこともあると思います。
そこで、シーンに合わせた胡蝶蘭の種類と金額の相場をまとめてみました。

なぜ祝い事には胡蝶蘭を贈るのか?

胡蝶蘭は縁起の良い花とされており、花言葉は『幸福が飛んでくる』です。
これは、贈る相手にこれから発展してほしいという意味が込められています。
また、胡蝶蘭は鉢植えになっていて『土地に根付く』という意味あるので、飛んできた幸せが根付くと考えられています。

開業祝い・開店祝い
おそらく、胡蝶蘭を贈るもっとも多い場面だと思います。
胡蝶蘭は他の花に比べ花粉や香りが少ないので、飲食店に飾っても喜ばれます。
また、新しいオフィスに豪華な胡蝶蘭があるととても華やかに見えます。
こういったシーンで胡蝶蘭を贈る場合、一般的な相場は3万円ほどで、3本立ての鉢植えが選ばれることが多いです。花は白色の大輪で花の数は30~40ほどあり、高さは100cmほどあるので、とても豪華に見えます。
さらに深いお付き合いがあるところであれば、相場は5万円ほどで、5本立て鉢植えのさらに豪華なものが選ばれます。
色の定番は白ですが、贈り先の雰囲気に合わせてピンクや白を組み合わせた胡蝶蘭の鉢植えもおすすめです。

昇進祝い
自分の上司や、同僚、取引先の担当者など、ビジネスシーンで関わる人が昇進をしたときにも胡蝶蘭を贈ると喜ばれます。
取引先の担当者が昇進される祝いとして贈る場合、相場は3万円程で、白色で大輪の胡蝶蘭3本立てが選ばれることが多いそうです。
また、自分の上司や同僚など近しい人の昇進祝いの場合、相場は2万程で白色中輪の胡蝶蘭3本立てが選ばれることが多いです。
会社の中に置かれる場合、スペースや雰囲気などを考慮して色や大きさを選ばれると良いと思います。

就任祝い
http://www.kochoran.ne.jp/assumption/

新築祝い
友人や、親戚など、近しい人が新築を建てたときのお祝いとしても胡蝶蘭を贈ることが増えています。ビジネスと違い、豪華なものでなく最近はインテリアとして生えるおしゃれな鉢植えも出てきているので、その家の雰囲気にあった色と鉢の大きさを選んで贈られると喜ばれます。花の大きさが小輪から中輪で2本立ての鉢植えで相場は15,000円程です。

メッセージカードやラッピングの相場
花と一緒に贈るメッセージカードは無料でついてくることが多いです。
もし、カードを豪華なものにする場合でもプラス1,000円ほどで変更することができます。
メッセージカードを付ける場合、贈り先の名前と贈る目的を間違えないように気を付けましょう。
ラッピングは有料のオプションになることが多く、料金はプラス1,000円ほどになります。
ラッピングをすることで胡蝶蘭の雰囲気はぐっと良くなります。
しかし、ラッピングの色には気を付けなければいけないシーンがあります。
赤色のラッピングは火事や赤字を連想させるので、お祝い事には適しません。
贈る場合は、ラッピングの色には注意が必要です。

その他、胡蝶蘭を贈るシーン

母の日
母の日に胡蝶蘭を贈ることも増えてきています。
ネットでは母の日用の胡蝶蘭が多くあり、相場は5,000円ほどの手頃なものが多く、色もピンクでカラフルなものが多いです。ピンクの胡蝶蘭には『あなたを愛しています』という意味があるので、母の日にはぴったりの贈り物だと思います。

当選祝い
選挙で当選した議員の事務所の中に胡蝶蘭が飾ってあるシーンが放送されているのを見た方も多いと思います。事務的なものしかない選挙事務所の中で胡蝶蘭があるととても華やかな雰囲気になります。
当選祝いで贈られる胡蝶蘭の相場は5万円ほどで白の大輪で5本立ての華やかなものが選ばれるといわれています。
胡蝶蘭の花言葉である『幸福が飛んでくる』と鉢植えの『根付く』はどちらも政治家にとって縁起の良いものになります。

胡蝶蘭を贈るときに気を付けること

入院のお見舞いには贈らない
鉢植えの植物は、根付くや寝付くという意味をもつため、胡蝶蘭など鉢植えの植物を贈ってはいけないと言われています。

お葬式では花の色に注意

白い胡蝶蘭はお葬式に映えるので、贈っても問題ありません。
しかし、紅白色の花は避ける必要があります。
花が広くて、中心の弁が赤い胡蝶蘭があるのですが、紅白は基本的におめでたい意味になってしまうので、葬式には向きません。

胡蝶蘭は生命力が強く長持ちする
胡蝶蘭の花は1~2カ月ほど咲き続け、長いものは3ヶ月ほど咲くと言われています。
しかし、せっかくいただいた胡蝶蘭を3ヶ月で捨てるのは非常にもったいないのです。
実は、胡蝶蘭は生命力が強く寿命が長いので、丁寧に育てれば10年も20年も咲かせ続けることができるのです。