お中元やお歳暮について

お中元やお歳暮を贈る時期というのは、地域によっても少し違いがあるとされています。
全体を平均して見てみると、お中元は7月の中旬以降からお盆くらいまでに届くように贈るのが基本となっているようです。
そしてお歳暮は12月の初め頃からクリスマス前位を目安にして、到着するのが良いようです。
このようにみると、お中元の期間は長いので、出し忘れがなさそうです。
お歳暮は、年末の慌ただしい時期に到着するよりも、少し早めくらいにお届けするのが良さそうです。
お中元やお歳暮を頂いた時には、お礼状を出すのが礼儀です。
お返しをしなくてはいけないという決まりはありません。お礼状で済ませる人も多いですので、頂いた際のお礼状は出すようにしましょう。
お中元やお歳暮におすすめの贈り物ですが、会社などであれば日持ちのするお菓子を贈ることが多いです。
また、ビールやジュースといったものも多いです。
親戚への贈り物の場合は、相手の好きなものを知っている場合は、それを贈るのも良いと思います。
冷凍品や冷蔵物は、頂いた側からすると、入れる場所がない場合に困ることもあるようです。
贈る際には注意が必要です。
のしに関しては、持参する場合と郵送で送る場合で、外のしにするか内のしにするか変わってくるようです。
一般的には、持参は外のしにしていて、郵送は内のしにしているとされていますが、シールののしもあったりするので、このあたりは最近はこうしなくてはいけないというような決まりが無くなっているようにも感じます。
金額の目安についてですが、だいたい多いのは3000円~5000円くらいのようです。
もらった側もあまりに高価なものをもらってしまうと気にしてしまいますので、これぐらいの金額が良いのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です