相手をイメージしたお年賀の選び方

年始の挨拶に欠かせないものといえば、お年賀になります。正月三が日に新年の挨拶に伺う場合に、訪問先に持っていく手土産のことを総称してそう呼びます。できる限り松の内には訪問して持っていきたいところですが、松の内を過ぎてからの訪問の場合や喪中のご家庭に挨拶に伺う場合は、寒中見舞いとして持っていきます。贈る相手ですが、ご自宅に訪問して手土産として持っていくわけですから、親しい間柄やお世話になっている方といった風に、人それぞれになります。新年の挨拶でお年賀を頂く側の場合は、その返礼として手土産を準備しておきたいですね。

 持参するお年賀ですが、金額は数千円から五千円くらいまでのことが多いです。販売されているものも数千円のものが圧倒的に多いです。こういったものはその人の気持ちの現れでもありますから、ご家庭によって予算もばらばらです。厚く贈りたい相手はやはり日頃お世話になっている方になります。

 贈るものとしては、現在は幅広く販売されていますので、相手方のことを考えた品選びをしたいものです。贈り物というのは、相手に喜ばれることが第一です。年配の方相手でしたら、日持ちのする乾物が好ましいですし、お漬物やあられなど、好みを知っていたら勿論そういったものを選びたいです。季節感のあるデザインのものや、干支をイメージしたものが年始の挨拶の手土産としては向いていると言えるでしょう。お酒ひとつを贈るにしても、ワインや日本酒、好みはそれぞれですので、相手方の好みがわからない場合はあらかじめ打診しておくと良いでしょう。子どもさんのみえるご家庭でしたら、個包装のお菓子の詰め合わせなどが喜ばれることと思います。単に必要な個数を購入して包んでもっていけばいいのではなくて、贈る相手方に合わせた品選びをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です